フローリングについて

2014-10-15

前回では畳のお話をさせていただきましたが、今回はリビングや洋室などの床によくつかわれるフローリングについてです。

木質の板ですが、表面は保護のためワックスなどを塗ったものが使われています。フローリングは合板フローリングといって複数の板を接着剤で貼り合わせた合板の上に薄板を貼り付けたもので、色や柄、厚みなど種類は多くあります。
フローリング
コストは色々ですが、温度や湿度の変化には強く耐久性・きずが付きにくいという特長もあるのですが、きずなどが付くと、補修がむずかしい事もあります。踏んだ時の足の感覚が若干かたくかんじます。一方よく聞かれると思いますが、無垢のフローリングは、天然木の木を1枚の板に加工したもので、合板フローリングにくらべると、価格が高いですが、自然の風合いや肌さわりは気持ちよく、アトピ-の方やアレルギ-の方には心配が少ない素材です。水などをこぼした時は早目にふきとらないと、シミや変色の原因になりやすく、メンテナンスが大変ですが、自然素材でできたワックスをこまめにぬる事で、汚れや傷が軽減されると思います

ワックス掛けの時は素材にもよりますので、施工店に相談される事をお勧めします。無垢の床は長年使うことで、自然の風合いを楽しむ事が出来ます。

私のお客様は、小さいお子さんがおられるので、ご自分でネットで検索をして
注文され、使用する㎡数をお伝えして、購入されました。いまでも大変気持ちよくつかわれておられます。合板フローリングも水分をきらいます。お手入れは、掃除機や乾いた雑巾でホコリや汚れを取る事をお勧めします。そして時にはワックス掛けをする事できずや汚れを守りましょう。しかしご家庭でのワックス掛けは、思いのほか大変です。家具の移動や乾燥までの時間がかかります

私は年に一度、専門のお掃除屋さんにお願いしていますが、住まいをながく大事に使っていこうとおもえば、メンテナンスも大切ですね。

マンションの床リノベーション時はマンション管理規約がありまして、遮音に関してLL-45・LL-40の遮音等級基準を満たしたフローリング材の使用が義務付けられています。基材の下にゴム・ウレタン等のクッション材を貼り付けたもので遮音フローリングといわれます。種類が多くないのですが、中古マンションリノベーションの時は色々な規約がありますので、事前に確認が必要です。住まいは安全・安心と楽しく住まうが大切です。住む人の暮らしを、これからもデザインしていきたいとおもいます。


ファクトリィへのお問合せは
Copyright(c) 2013 Factory All Rights Reserved.