快適にくらせる家具選び

2014-10-15

住まい創りと同様にインテリア&家具選びは計画性や使い勝手・デザイン・家族のライフスタイルの変化も考えあわせて選ぶ事も大切です

家具は一旦購入すると何年も何年もお付き合いする事になります。

家具を選ぶ時・・・・見た目のデザイン・使用されている素材・使い心地

ソファならば座り心地・サイズや材質・値段 等々。

 

せっかく購入しても今ある家具と不釣合いだったり、家に搬入すると以外に大きかったり、小さかったり、イメージと少しかけはなれていたりで、住まいにあった家具を選ぶのは結構むずかしいですね。

そのため、迷って中々決められない方もいらっしゃるのではないでしょうか

家具を選ぶ時部屋の間取り図に家具のレイアウトを考え、落し込みをして配置図を作成すると失敗しないと思います

人の動きやスペースを考えながら探してみるのもたいせつです。

又子供部屋が一部屋で二人の子供さんの場合、収納家具を仕切り壁がわりにして真ん中で分断して使用すると、将来的にも無駄なく部屋を活用出来るのではないでしょうか

生活を共にする家具、そうそう買い換えも出来ません。きずや日焼けに強い加工が出来たものが良いのでしょうが、天然素材であればきずや日焼けが風合いを引き出してくれることもあります。そのような素材を生かして長く使える家具を選ぶのもなかなか難しいかもしれませんね。そんな時は家具やさんに、長く使っていると、どのように変化していくのか訪ねてみるのも良いかもしれません。家具のお手入れとして、普段は柔らかい布で軽くからふきして、汚れが目立つ時はお湯で薄めた中性洗剤でふき取り柔らかい布でからふきするとよいと思います。最近はライフスタイルが色々多彩で、特定のスタイルにこだわらないアイテムが目に入るようになりました。好きな物との出会いは今のお部屋を、もっとグレードUPに演出してくれるのではないでしょうか。

カタログで選び方の参考としてW・D・Hと表示されています。W=幅 D=奥行 H=高さ 又椅子の場合は SH=椅子の座面の高さと言う事です

今のお部屋をさらに楽しく快適に、待ち遠しい季節にインテリアで心がおどります。


ファクトリィへのお問合せは
Copyright(c) 2013 Factory All Rights Reserved.