夏・暮らしに涼をとりいれて快適に

2014-10-15

今年も節電の夏に成りそうです。涼しく過ごす工夫は必須かもしれませんね。
暑い時期はほんの少しの涼しさも心地良い気分に成ります。
自分の好きな涼を感じる過ごし方さがしてみましょう。

■香りで感じる涼しさ

香りの演出アロマディフューザー(超音波による振動でアロマオイルを微粒子
の状態にしてその粒子をミスト状に拡散させて香りを楽しむ)インテリア性
がすてきです。ペパーミント・スペアミント・かんきつ系のさわやかさ・
スゥとする香りで体感温度を下げましょう。

■色で感じる涼しさ

明るい青・くすんだ青・藍色・水色・と水を連想させる色。
夏の時期はインテリアの色を寒色系に思い切って変えてみるのも自然に涼し
そうに感じます。又綿・麻・など天然素材のカーテンは如何ですか。
デザイン性(大柄入りの)レース地を部屋側に、綿・麻・素材のカーテン(無地
を窓側に。夜カーテンを閉めた時レースの柄が、綿・麻・素材に写し出され
て快適涼やかです。水をはったガラス器にみどりの葉や一輪の花を浮かべる
ことで、清涼感の演出をしてくれます。
寝室も間接照明やキャンドルで室内温度を下げて楽しみましょう。
キャンドルは水に浮かぶタイプ、水面に炎がキラキラ。キャンドル
の炎は心地良いきぶんにする効果があります。

■音で感じる涼しさ

風鈴の風音・草原の風音・川のせせらぎ・小鳥のさえずり・滝の音・
自然の音は夏を涼しくそして心を癒してくれます。
ほら・・・聞こえてきませんか。
涼風やちから一ぱいきりぎりす (小林一茶)


ファクトリィへのお問合せは
Copyright(c) 2013 Factory All Rights Reserved.