リノベーションとは

リノベーションリフォームリノベーションの違いって何??

リフォームやリノベーションをご検討している方はまず始めに思う疑問だと思います。

最近よく聞くようになったリノベーションという言葉ですが、リフォームと同じ意味で使っている人も多いのではないのでしょうか。

このページでは意味などを含め、混同しやすいリフォーム・リノベーションの違いについてご紹介します。

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとは

リフォームは古くなった建物をもとの状態に戻すことを言い、クロスや床の張替え等の小規模な補修工事を意味します。
マンションやアパートの場合には、入居者退居後、その入居者の住む前の状態にお部屋を戻すことを指す場合があり、原状回復とも言われてたりします。
リフォームは古くなったもの(マイナスの状態)を元の新築の状態に戻すという意味で、空間スペースや間取りなど元々の状態を変えるものではありません。

ファクトリィでもリフォームのお仕事は沢山依頼を受けます。
特に水回りのリフォーム(キッチン・お風呂・洗面所・トイレ)のリフォームはお任せください。
キッチンのリフォームお風呂のリフォーム

トイレリフォーム洗面台リフォーム

リノベーションとは

リノベーションとは補修をするという点では同じですが、リフォームとの大きな違いは、単にもとの状態に戻すことを 目的にするものではなく、新たな付加価値をプラスし再生するところです。
水廻りの移動、配管工事、間仕切りの変更、構造補強、建物用途の変更と工事の規模も大きくなります。

リノベーションの事例として、お部屋をデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。
さらに耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、家族が増えたので、仕切りの壁をなくして、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどもリノベーションといえるでしょう。

中古マンションリノベーション中古マンションリノベーション

最近リノベーションが注目されている理由

日本では、新築の家を持つことがステータスとされる「新築至上主義」が長い間根付いていました。建物を壊しては建てなおす「スクラップ&ビルド」を繰り返してきました。
中古マンション

しかしながら近年、建物構造偽造事件や土地の高騰・建築材料高騰といった背景から、消費者目線から見た妥当の住宅価格設定とは程遠い、販売価格で住宅が供給されるようになりました。その結果、消費者の住宅購入の選択肢が新築だけでなく中古物件や中古マンションのリノベーションに拡がってきました。

こうして選択肢が拡がったことで、別に新築でなくてもいいんじゃないという考え方の方も増えてきています。
そういうことが最近リノベーションが注目されている理由ではないかとおもいます。

リノベーションをする際のポイント

リフォームとリノベーションの違い
新築に比べ、同じ立地であれば中古マンションは安く購入ができます。
無理のない資金計画でゆとりのあるマンション生活を実現させましょう。

リノベーションをすることで決められたパターンの部屋を選ぶのではなく、自分好みの間取りでの暮らしが可能です。例えば・・・段差のないフラットな床。壁を取り除いた広いリビング。ガラス張りのオープンな浴室。サイズや材質だけでなく、家事効率を考えた自分ぴったりのキッチン。壁面を有効活用した収納。スポット照明やダウンライトで天井をスッキリさせる等々・・・。
限られた空間をどれだけ有効に使うかが、価値を高めるリノベーションのポイントです。

中古マンションリノベーションは

ファクトリィへのお問合せは


Copyright(c) 2013 Factory All Rights Reserved.