甘い生活のためのインテリア

2014-10-15

私達が住んでいる地球は、1億4700万キロはなれた太陽の周囲をほぼ365日かけて

1周しているといわれています。365日の間  春分の日・秋分の日・夏至・冬至が

存在するわけです。私たちは四季折々の変化に富んだ生活を楽しむ事ができます

四季を愛でる日本の国で甘い生活の思いは年代によって違うとおもいます

甘いといえば、甘い食べ物・甘い言葉・甘いワイン・香りや雰囲気などが密の味を想わせるうっとりと快い「バラの香り」「やさしい言葉」「ここちよいメロデイ」の甘い香り。

そして今回タイトルにしています甘い生活のためのインテリア・・・・・

甘い食べ物や甘い言葉はすぐに思い浮かびますが、甘いインテリアって読者の皆様はどのような情景をおもわれますか。ピンクを主体にコーディネィトされたお部屋。赤いカーペット 花柄のカーテン シャンデリア そしてラブチエアー 甘いという言葉は色々な想いが広がりますね。2月14日はバレンタインディ この日は甘いチョコレートを女性から男性に渡す日です。ワインクーラーにワインを冷やして「チョコレートには白ワインが合いそうです)頂いたチョコレートで甘い時間が過ごせそうですね。

甘い生活=バレンタインデイは恋人同士が会うための口実の様な気がします

1日24時間が短くなったわけではないのですが、世の中が足早やになった様な気がするのは私だけでしょうか、1日の内ゆったりした気分を持つことが甘い生活につながるのではないでしょうか、2月は寒さも厳しい月です。温かなお部屋で甘い生活をお過ごしください


ファクトリィへのお問合せは
Copyright(c) 2013 Factory All Rights Reserved.